ガス給湯器の凍結にご注意ください

冷え込みが厳しいときは凍結防止策を!

外気温が氷点下になると、ガス給湯器や水道管の凍結により、給湯器が破損したり、台所やお風呂のお湯が出なくなる可能性がございます。
厳しい冷え込みが予想される時は、あらかじめ凍結防止の予防策を取っていただくことをお勧めいたします。

【ご注意ください】給湯器の凍結による故障修理は、保証期間内でも有償修理(お客様負担)となります。

 

凍結防止策のご紹介

その1.お風呂の給湯栓からお湯を出し続ける

①リモコンの運転スイッチを「切」にします。
②お風呂の給湯栓(お湯側)を開き、少量の水(太さ4mmくらい)を流したままにしておきます。
※洗面所や台所のお湯の蛇口でも大丈夫です。どこか1か所を開けておきます。

 

その2.浴槽に残り湯を残したままにしておく(追いだき付ふろがまの場合)

①浴槽の循環口上部より5cm以上、残り湯(水)がある状態にしておきます。
ポンプが自動的に浴槽の水を循環させて凍結を予防します。

 

 

電気が切れると給湯器が凍結する?

ガス給湯器には凍結防止ヒーター機能があり、冬場外気温が低下すると自動的に電気ヒーターが入り給湯器の凍結を防ぐ仕組みになっておりますが、何らかの原因により通電が停止した場合、凍結防止ヒーター機能が働かずに給湯器の凍結損傷が発生する可能性があります。

【考えられる原因】
1.長期間留守にするため、電源ブレーカーを落とした。
2.お客様都合により強制的に電気を止められた。
3.給湯器専用の外部電源コンセントが抜けていた。

【対処方法】
1.長期間留守にされる時、電気が止まった時は当社までご連絡をお願いいたします。
給湯器が損傷しないよう凍結防止処置(水抜き)をさせていただきます。
2.自宅や隣家の屋根雪が落ちて、外部電源コンセントが抜けてしまう事例が年に数件発生しております。
屋根雪が落ちる場所に給湯器がある場合は十分ご注意ください。

 

ご参考

各ガス機器メーカーより、給湯器の凍結防止策のご案内がございます。
ご参考になれば幸いです。

【リンナイ】 給湯器の凍結について
http://rinnai.jp/rinnai_life/topics/freeze/

【パロマ】 寒冷地での凍結防止
https://www.paloma.co.jp/support/faq/category.php?cat01_id=3&cat02_id=5&cat03_id=26

【ノーリツ】 冬期の給湯機器の破損・故障にご注意ください
 https://www.noritz.co.jp/aftersupport/disaster/cold_wave.html